入会無料でお得なポイントが貯まるインターネット会員募集中

トップページ > 会社案内

  • 会社案内
  • 会社理念
  • 社会貢献活動
  • 「エコブック」
  • 絵本「ブルー・ビー」
  • CMギャラリー
会社案内

ごあいさつ

駄菓子の「駄」とは、人を乗せることが出来ずに荷物を運ぶだけに用いる「劣った馬」のことを指す言葉です。そこから「つまらないもの」「粗悪なもの」「口に合わないもの」を指すようになり、「駄賃・無駄・駄目・駄菓子・駄洒落」といった言葉が生まれてきました。

上菓子と比べ下に見られることが多い駄菓子ですが、かりんとうやポン菓子はもちろん、アメリカ生まれのドーナツなど、気取ったところが一切ないその味は、誰にでも手軽に楽しめる親しみ深いものとして多くの人々に愛され続けてきました。

健康・自然・安全への志向が高まってきた昨今、それまで「駄」だと思われていた駄菓子の原材料である黒糖や雑穀に素晴らしい機能が隠されていたことが知られるようになり、それらに大きな関心が寄せられるようになってきました。

わたしたちフジバンビは、黒糖や雑穀を原材料としたかりんとうやドーナツといった親しみやすいお菓子を皆さまにお届けしてきた、それらの原材料が持つ機 能性の高さを活かした「からだにやさしいお菓子」を、これからもより多くの皆さまにお届けしたいと願っています。

代表取締役社長 吉田高成

会社概要

社名 株式会社フジバンビ
英文名

FUJIBAMBI Co., Ltd.

代表者 代表取締役会長 藤原 守雄
代表取締役社長 吉田 高成

本社/四方寄新工場/事業本部

熊本市北区四方寄町1445-1
電話番号 096-245-5350
FAX番号 096-245-5359
資本金 1,000万円
創業 昭和23年
事業内容 菓子製造・販売
従業員 126名(平成25年11月現在)
取引銀行 肥後銀行新町支店
日本政策金融金庫
商工中金
グループ企業 株式会社フジバンビコンフェクト
株式会社フジバンビストアーズ
有限会社藤原商店・冨士製菓有限会社
沿革 昭和23年:兵庫県姫路市にて現会長藤原守雄が創業
昭和36年:熊本市に冨士製菓有限会社九州工場を設立
昭和51年:株式会社フジバンビ設立
昭和61年:黒糖ドーナツ棒の開発販売開始
       熊本市の九州工場を本社とし、姫路工場を閉鎖
平成14年:全国菓子大博覧会で黒糖ドーナツ棒がリッチモントクラブ賞受賞
平成15年:現在地に本社および工場、店舗(四方寄総本店)を移転
平成18年:沖縄那覇本店オープン
平成20年:全国菓子大博覧会姫路で黒糖ドーナツ棒が名誉総裁賞
       阿蘇ジャージー牛乳ドーナツ棒が橘花榮光章受賞
平成21年:福岡太宰府店オープン
       INAC神戸レオネッサとスポンサー契約
平成22年:ISO22000認証取得
平成23年:熊本駅フレスタ熊本西館店オープン
平成24年:神戸栄町通店オープン
平成25年:全国菓子大博覧会広島、全国菓子バザールに出品
       本社ビル9月落成